自分のカラダと向き合う

モデルの富永愛さんがはなまるカフェで
「そのスタイルを維持するのって大変だと思いますが
気をつけていることはありますか?」
と聞かれて、
「自分の体の声を聞くことでしょうか」と答えていた。
ナルホド。

ちょうどその数日前の
からだデザインのセルフメンテナンスレッスンで
先生の一井葉子さんが 
「自分自身の内面と向き合い、自分を知ること」
で、飛躍的にカラダが変化します、とおっしゃっていたので
俄然、納得。大納得。


でも、こういうことに納得できるのには
それなりの年齢や経験を経てからだろうと思う。
若者は「いみわかんね〜」笑 ってかんじかもね。



人は皆いつかどこかで 自分自身としっかり向き合わなければならない場面がやってくると思う。
でも、逃げずにきちんと向き合うか 見ないふりしてやり過ごすか
それはその人次第。
でも、かっこいいな〜素敵だな〜と思う人は
大抵みなさん「自分」を知っている。
だから 無理がなく 自然体でいられるんだと思う。
外周りを磨くのとはちと違う。


私は2年前に心と体のバランスを崩して
それまでは体力も気力も絶対的な自信があった私だけど
その時初めて自分自身の中の奥の奥を見つめることになった。
それはそれで、ちょいと痛い経験ではあったけど
おかげで 今、たくさんの感謝に包まれている気がする。


で、そんな風に謙虚になった(笑)私を神様は見てくれていたかどうかわからないけど
それまではご縁のなかった知識や人やモノと出会うようになったりして。
それがみんな、私にとっては重要だったりする。おもしろいなあ〜 
心も体も思いあがりや思いこみが一番あかんね。

・・・・と今日はとてもまじめなつぶやきになってしまった。


さて、そんなわたしのこれから。
とりあえず、“いい感じ”にやせよっかな〜 笑
って、中身の話じゃないのかっ!!


だって
年末の大掃除でお決まりのように写真やアルバム整理をしてたら
出てきた出てきた
別人なワタシが。
息子に見せたら 大笑いされた 怒
なにがおかしいんじゃあ〜〜〜〜これが本物のワタシだ〜〜〜〜
よっしゃ、ここまでもどったるで〜〜〜〜
人生半分きたからココからもいっかいスタートだぜっ


ずいぶん前に仕事を通じてとてもお世話になった大先輩が
おそらくそのころ55才くらいになられていたと思うんだけど
年齢を聞かれて
「私は40才になってからは10年(とおねん)とって30才だっていってるの。
後は1年ごとにどんどん若返っていくのよ」
って元気におっしゃっていたのをふと思い出しました。
全然無理してる感じもなくて
かっこよかったなあ〜


マスコミの第1線でながく活躍されたその大先輩は
今はもう空にいらっしゃるけれど
私もそんな風に笑って言い切ってもドン引きされない(笑)ジブンいたいな。
息子に笑い飛ばされてちゃ、アカンアカン。


さて、いつまで続きますか・・・・


そうそう、
これは少し前にある人からいただいたモノ。

iittalaのガラストレイ。
AlvarAalto(アルヴァー アールト)のシリーズ。この形は北欧の湖かなぁ〜
すごく綺麗なブルー。大好きな色です。
きっとBlueCafeに似合うと思ってくださったんだと思って
BlueCafeのガラステーブルに置いています。

Oさん、お心遣いホントに感謝しています。すごく嬉しかった。
BlueCafeでお待ちししていますよ♪♪



ランキング参加中♪
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村