がんばろう日本

非常につきなみなタイトルですが
地震の被害の大きさに思い浮かぶ言葉がどれも陳腐に思えてしまいます。


PCを立ち上げるのも電力の無駄遣いだなあと
ブログを更新するのも今頃になりました。
とはいっても企業に勤めている人たちは
通常業務をこなすことに大変なことでしょう


それにしても
こういう状況になって改めて
贅沢になりすぎていた自分たちの暮らしに愕然となりました。
自宅は毎日計画停電があります。
地震当日も夜中まで真っ暗でした。
日々の暮らしがいかに電力や資源にたより
エコだの環境破壊だのと上滑りな言葉を
口にしながら
本質は何もわかっていなかったことを実感しました。

かといって ストイックにすべての無駄を排除することは
正直軟弱な私には とても無理だと思います。
でも、そこまでいかなくても
日々の生活の小さな見直しが
これから先の長く続くであろう(続いてほしい)
自分たちや子供たち、
これから生まれてくる新しい命を守ることになるんだとおもいます。
資源に限りがあること
それを守るために多くの人の努力があること
改めて実感します。




福島の原発では
多くの皆さんが命をかけてがんばってくれています。
ご家族のご心配はいかばかりでしょう。
なのに200キロも離れた東京では南へ脱出する人や
ものの不足が深刻です。



ニュースでは毎日怖くなるような映像が繰り返し流されて
危機的危機的と恐怖心をあおられます。



こういうときこそ
正確な情報を正しく理解して
冷静に判断して行動しなくちゃと自分に言い聞かせています。


手前味噌ですが こういうときに
理系の大学生の長男がとても頼りになっています。
常に冷静に 私にわかるように丁寧な説明に納得し
まだ若くて一人前ではないけれど
いいやつになったもんだと つくづく思います。


次男にめでたく春が来て
無事に大学生になることができ
こいつもまた 私を追い越して大人になっていくんだなあと
しみじみ思います。


被災地の皆さんは日常がまったく失われて
本当に大変だと思います。
こういうことを感じることができる状況に感謝して
一日でも早い復興を心から願うばかりです。


実家が阪神淡路大震災で被災しましたが
復興への道のりは本当に長いです。
ニュースの量が減り日常が戻ったように見えてからが
本当の勝負だと思います。
できるだけ長いスタンスで
自分にできることを探していきたいと思います。


政治家の皆さんは
政府の対応を責めたり揚げ足を取ることに
無駄な時間を使わないで
ぜひ本当にこころから力を合わせて
日本を引っ張っていってほしいと思います。


BlueCafe3月のスケジュールをお知らせしましたが
停電のめどが立つまでは
3月いっぱいはクローズの予定です。

元気を発信できるように
がんばりましょう!