ワーママ

職場にワーママがひとり。

ニチャいのかわい子ちゃんを育てながらパートで頑張ってる。

諦めていた保育園に通ったらしい。よかったねーというと

 

ひとまずよかったんだけど、つぎは幼稚園を探すと。

諸々の条件が求めているものと違うらしい。

大変だなあ。

そして校区やけども学校に合わせて家も探してる。

べつの友達ものと同じような流れ 笑 だった。

 

思い返せば私もワーママだった。

ま、その頃そんなカワイイ呼び方はなかったけど。 

 

若かったからなー

家を決めるときも通勤の便だけ。

たまたま産休明け保育をやってる保育園が近所にあった。

しかも、その頃は区内で1件だけだったから、

やっぱりわたし、かなりついてるかも。

そんでもって、アメリカから帰って来て

小学校も帰国子女がたくさんな学校で。

ま、いろいろよしわるしも正直あったけど

 

もちろんそれなりにリサーチもしたし 

考えもしたけど

選択肢もそんなになかったし

何よりその時は向こう3年くらいのことしか考える余裕がなかった。

 

仕事と育児の両立で精一杯で

毎日のご飯と洗濯に追われ。

 

ましてや

中学受験するなんて考えてもみなかったしなぁ。

 

あまり流れに抵抗せずに 

でも、つどつどの選択はきちんとしてたら

結果的に子供達はうまく育ってくれたなあと思う。

 

情報収集充分にして

考えに考えてこれしかない!と決めたとして

自分のことなら大概なんとかなるけど

子供はべつの人格だし

先生もいろいろいるし

そんなに思った通りには行かないもんだからなぁ。

 

そんなにちゃんとしなくてもいいかもなあ、と思ったりする。