ドラマ『グレイズアナトミー』

NYにいた時、英語を聞き取れるようになるにはテレビが一番だと思って

家にいる時はほぼ一日中テレビをつけていた。特にNY1というローカルニュースチャンネルは同じニュースを何度も繰り返して放送するので、聞き取れなかったところを確認できて日々の生活には欠かせなかった。

それともうひとつ。ドラマ好きの私は、いわゆる昼メロを欠かさず見ていた。アメリカのドラマって、人気があったら何クールもず〜〜〜〜っと続けて延々シーズンが続いていくので、まあ、どこから見ても大丈夫。笑

昼メロも毎日見ているとだんだん事情も把握し、話し言葉も聞き取れるようになってくる。ただ、内容は大きくは変わらないのね。韓国ドラマとはまた違った方向で、男女の愛憎、裏切り、人種問題が絡んで続いていく。で、昼メロに飽きた頃から、ちょっとレベルアップしていわゆる人気ドラマを見るように。

まずはちょうどNYにいた頃に始まった『ER』にどハマり。そう、ジョージクルーニー様よ〜〜

まだ若くてあのちょいとはにかんだ笑顔と、ハスに構えて話すセリフがもう〜〜たまらんかったっす。シーズン1から延々と見続け、帰国してもケーブルテレビを契約して見ておりました。もうひとつ、『Brothers & Sisters』も帰国後どっぷりハマったドラマです。これは本当に名作!

で、話はブログタイトルの『グレイズアナトミー』に。

これもERと同じアメリカで人気のシカゴの大病院を舞台にしたヒューマン医療ドラマ。

同じ医療ドラマでも日本のそれとは違うんだよなあ〜と思ってたら、『アンサング・シンデレラ」はちょっといい感じ。

私が一番感じる日本(や韓国)のドラマとアメリカのドラマの大きな違いは、出演している俳優の多様性。

肌の色や人種、国籍はもちろん、ジェンダレス。見た目もモデルみたいな俳優ばかりじゃなくてふとっちょさんや、お世辞にもスタイルがいいとは言えない俳優さんたちがメインキャストとして素晴らしい演技をしている。そして私が一番好きなのは、エイジレス。何歳になってもちゃんと恋愛エピソードが描かれてる。

日本で見れる最新シーズンはシーズン15。シーズン14だったかな、70歳の女性と20代の男性消防士の恋の話は感動した。女性の息子は反対するんだけど若い消防士は彼女のことを熱烈に愛してる。もちろんセックスもしてる。(ということがちゃんとドラマで描かれてる)そしてそれがとても自然。シーズン15も、推定年齢60才〜のリチャードとキャサリンの夫婦の関係やベイリーと旦那との愛とかとかもう、本当にリアルで。大好きなドラマ。Amazonプライム、お金使ってまする・・

 

日本人は、ある年齢、まあ50歳位を境に恋愛、たとえ夫婦であってもそういう感情や関係をあまりきれいなものとしないところがあるように思う。そういったことは若くてきれいな人だけが語ってもいい、みたいな。

でもね、違うと思うんだよな。幾つになっても人は変わらないんだよ。誰かを愛しいと思ったり恋しいと思ったり。そういう感情は破廉恥で(ちと古いか笑)恥ずかしいと感じてしまうのってなんか不自然だよなあ。

と言いつつ、自分自身もそういう価値観があるのは否めないから困ったもんだ。